NO IMAGE

トマトに甘える

ようやくトマトの値段が上がってきたように思います。

あまり値段の事ばかり言うのも、聞くのも嫌だと思うので、このくらいにしておきます。

今日は、夜中の3時頃に妻が起き、出血があるので病院に来ました。

本来は明日が病院に来る予定の日でしたが、1日早まった感じです。

出血の方は、鮮血ではなく、溜まっていた血が出た感じでした。

3日前にも同じような事がありましたし、もうそろそろあるかと思っていたので、特にビックリはしませんでしたが、気持ちのいいものではありません。

量もナプキンがいっぱいになるくらいの量のようで、普通の男性なら引くと思いますが、僕は看護師の息子なので何ともありません。

昔からそういう話を聞いて育ちましたし、血は怖くありません。

勉強さえできれば医者にもなれたのかもしれませんが、勉強が嫌いなのでありえない話です。

朝も収穫があり、その後に出荷してから病院に向かいました。

収穫は4棟あるうちの1棟を採ればいいだけにしていましたので、すぐに1時間くらいで終わりました。

前なら2時間も3時間もかかっていましたが、一時的に収穫量が落ちている時期なので、早く収穫が終わります。

いつもは愛車の軽トラック「はじめ号」で出荷に行くのですが、今回は出荷量も少ないので初めて乗用車の「なみ号」で行く事にしました。

座席を出来るだけ倒して長い座布団みたいなのを敷いて、妻は楽な姿勢で病院に行くわけですが、出荷も含めると50分後に病院に着きました。

その後は車椅子の駐車場に仮止めし、妻を車椅子に乗せて、車を通常の駐車場に移動して妻の元へ走ります。

走らなくてもいいのですが、妻が車椅子に乗り1人でポツンといると、歩く人に少し?な感じで見られたり、親切な看護師さんもわざわざ来てくれて「大丈夫ですか?診察ですか?」などと声をかけてくださり、迷惑をかけてしまったようで、僕は妻の元へ走りました。

このまま無事に成長してくれる事が今はトマトよりも大事です。

本当はトマトをおろそかにはできない状況なのですが、家族とトマトを天秤にかければ家族を選ばないとダメなわけで、サポートできるのは僕だけという状況ならなおさら僕が何とかしないと。

トマトは何とか育っています。自然は、植物は強いです。強いですが弱いです。

人間も強いですが弱いです。

強いですが、必ず限界があります。

妻は僕のサポートが必要なほどの限界です。

トマトは…。どうだろう。

僕は、もう少しトマトに甘えてもいいのでしょうか。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

ブログ全体の最新記事8件