NO IMAGE

家族会議じゃあっっ!

今日は、用事があったため研修はお休みさせていただきましたが、僕らの家の方向性がやっと固まってきたのでご報告をいたします。

今日の用事というのは、妻の歯科矯正がやっと取れるという素晴らしい日であり、その為に盛岡の歯科医科大学に行きました。

車での道中は、家族会議の場に最適で、いい話も悪い話も逃げ場所がないため、移動距離に比例して会議も進行します。

今回の議題は、ズバリ「家と農地」です。

幾度となく行われてきたこの議題ですが、先日の菅野保男さんのお話を聞けたことや、研修生の方々の意見にも沢山のヒントがあり、僕らの進む道がうっすらと見えてきたのは事実です。

候補は2つあり、江刺区愛宕(おだき)と江刺区米里(よねさと)です。

どちらも魅力的なところで、どちらにもメリットとデメリットがあります。

今日の会議での内容を少し、ここでお伝えします。

まず家はどっちの方が優勢?

家は米里で一軒候補があります。

愛宕でも候補はありますが、屋根などの老朽化が進んでいるので、大掛かりな補修が必要です。

それを言えば、米里の家も水まわりなどの補修が必要です。

土地代も含めると、どうしても街場に近い愛宕が高くなります。

安く済むのは米里でしょう。立地条件では愛宕でしょう。

でも、山には山の魅力もありますし、お金では変えられないものも沢山あります。

そう考えると、どうしてもお金のことで考えるしかない状況になりますし、現居住地の水沢でペットOKの高級マンションを借り続けられるほどの金銭的な余裕もないわけで・・・。うーん頭が痛い。

家の件だけで言えば米里に軍配が上がることになります。

農地はどうするの?

農地が見つかりやすいのは愛宕でしょう。愛宕ではハウス付きの農地が見つかるかもしれません。

米里では田んぼから畑にする必要があると思います。

ハウスも愛宕の方が見つかりやすいかもしれません。

愛宕は、師匠の近くで就農できるというメリットは大きいです。

そして、産直を積極的に活用するなら愛宕でしょう。

また、求人が集まりやすいのも愛宕でしょう。

しかし、米里には、もう一人の師匠が住んでいます。

雇用に頼らず夫婦でトマトのみを極めた夏秋トマトの達人がいます。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

ブログ全体の最新記事8件