NO IMAGE

思い切って明渠をリセット!

ハウス解体もやっとこさ終わり、次は解体したハウスを就農地まで移動するのだが、ここで少し問題が。

ハウスを建設する場所は、田んぼである。正確に言えば、去年までは田んぼである。現在は、水も入れてないし、水の排水対策として穴を掘ったりしていた。一般的には明渠と呼ばれるものだ。

何が問題かというと、具体的にハウス建設のレイアウトを作成していたのだが、どうも予定していたよりも建てられるスペースが狭いという事だ。

それというのも、田んぼの畦畔も含みで長さを計算したため、畦畔下の明渠と足場で1.25m、ハウスが4間で7.28mハウスとハウスの間のスペース2.5m、もう一棟のハウスが7.28m、そして足場と明渠1.25mを足すと、合計で19.56mになる。しかし実際のスペースは17.6mしかなかった。

大誤算である。

きちんとサイズを把握する為、100mメジャーを買いにホームセンターに行くと、1万円オーバーだったので、アマゾンでレビューがいい物が5000円で売っていたのでそっちを買った。

今後、採寸してみてだが、かなりの高確率で、畦畔を壊し、明渠を両サイドのところを、片側のみにする方向にし、畦畔があった場所をフラットにして、そこにパイプハウスをある程度ギリで建てる感じになる。

畦畔を壊しても下には傾斜が残るため、雨が降れば下に流れるという感じだ。

そして、傾斜の下には明渠を掘り、明渠と足場で1.25m、4間ハウス(7.28m)が建ち、ハウスとハウスの間を雪対策で2.5m、4間ハウスがもう一棟建ち傾斜になる。そんなイメージだ。

これだと18.31mで済む。

うん、行ける!

多分。

畦畔を壊したり、スペースを拡張するのだが、手で掘った我が麗しの明渠は、一度土に戻ることになる。

全ては自分の計画性の無さに他ならない。

でもここで気がついた事に良しとしよう。

なぜなら、今ならさほど手がかかっていない状態ではあるし、ハウスの部材を持って来ているのであれば、拡張作業がやりづらいだろう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

ブログ全体の最新記事8件