トマトの温床作り。

  • 2022年2月27日
  • 2022年2月27日
  • 未分類
  • 104view

今日は昨日に引き続き、育苗の準備をしました。

昨日はハウスに堆肥を撒き、平にするところまでを行いましたが、言葉にすれば1、2行で済むところを予期せぬトラブルが発生し、ひさびさにすごく長い文章になってしまいました。

個人的にかなり楽しんで書けましたが、これもまた久しぶりで、ブログをやっている実感を感じることができました。

今日は昨日の作業の続きで、まずはハウス全面に養生シートを敷きました。

その次に養生シートに油性ペンで苗を置くスペースをマーキングです。

今回は小さい苗を中位に育てる場所、中位から定植前まで育てる場所に分かれていますが、場所が重なる事がなく1つのハウス内でスムーズに移動できる計画です。

まだ寒いので小さい苗の時期を比較的暖かく保てるようにハウスの中央部に育苗床を作る計画で、苗が中位になったらハウスの左右にズラシスペースを作ります。

マーキングが終わり、次に育苗床の下地でビニールを敷きます。

本来は中古のビニールでいいのですが、衛生面や手間を考慮して、新規でビニールを買いました。1回で約30メートル使うので、100mで一巻き三千円くらいで3年間分、1年で千円の出費であれば安いと思います。

その後は200vの電熱線を敷きます。

今回は苗を2回に分けて注文したので、温床を2つのスペースの分けました。奥と手前に分けて、奥を最初に来る物にしましたが、それは片付けや作業をスムーズに行うためです。

最新情報をチェックしよう!