ようやく、ようやくです。

ハウスの解体&移動&片づけが終了しました。

最後のハウスはジャングルで、本当に苦労しました。

以下が最後のハウスの解体中画像↓

このハウスが、こうなりました。

ハウスの解体自体は、すっかり慣れてしまって楽ショーでした。

パイプを抜くのも、すべて手で抜けました。

このハウスは一人で作業することが多かったため、色々と自分がやりやすいように、やってみたかったことなどを実践してみました。

例えば、パイプを抜くのを片側から抜いてみたり。

片側から外すメリットは、曲がったパイプの連結部分が外れやすくなります。

というのも、両側をばらしてからだと、パイプを地面から抜き、揺さぶった時に反対のパイプも大きく揺さぶられてしまい、連結部分が外れなかったため、このような方法でやってみました。

二人以上の場合は、両方を外した方が早いと思いますが、もしも一人でハウスを解体する時があればやってみる価値はありです。

デメリットとしては、パイプを土から抜くときに揺さぶって抜けやすくしていたのですが、反対側が固定されている為に、より大きく揺さぶる必要があり少し大変でした。

一つのパイプを揺さぶると、反対側の列の端まで連動して揺れるので、ちょっと面白いです。

このハウスは、この施設にあるパイプハウスの中で一番の曲者で、このハウスだけツルでおおわれていたり、パイプが地中に横たわって埋まっていたり、ビニールが地中に埋まっていたり・・・。

地中に埋まっているのはお宝と相場が決まっていますが、それは昔話でのことで、実際は見つかる度に一瞬動きを止めて、気合を入れなおし、歯を食いしばって引っ張るのでした。

軽トラックで超山積み2台分のビニールが発掘されました。

本当は、発掘しなくてもいいのかもしれませんが、できるだけ跡地をキレイにしないと、気が済まなかったので・・・。

余計に時間を食ってしまったぁ―。

もっと、妥協したり、上手に立ち回ったり出来ればいいのでしょうが、自分の気持ちを優先させてしまう所が僕の悪い癖です。

さて今度は、圃場整備をやるぞい!!