NO IMAGE

うちの父と遺伝について

今日は僕の父の事を書こうと思います。

僕の父は料理人でした。と言ってもレストランのシェフでも日本料理店の板前でもありません。

北上の青柳町にあった古い居酒屋です。

お刺身だとか焼き魚なんかを出していた魚くさい居酒屋です。

それも時代の波には逆らえず、消えてしまいました。

僕が20歳くらいの事です。

家でも料理を作ってくれる事が多く、店が休みだった日曜日には父の料理がテーブル一面に広げられ、家族4人で食べるのが恒例でした。

今思うと、結構しあわせな家庭だったなぁと思います。

そんな父も僕が30歳くらいの時に他界しました。

料理をするぐらいですから手先はとても器用で、展勝地のレストハウスにあった「ひらた船」を図面も無いのに木を切断加工してミニュチュア版を作り上げました。

車もちょっとのことなら自分で修理してしまうし、僕が赤ちゃんの時には発明なんかもしたそうです。

哺乳瓶を飲むのをやめると自動的に口元から離れるようにする物だったり、車のワイパーの動きを利用して、自動で揺さぶってくれる揺かごも作りました。

実物はありませんが、母という証人がいるので間違いないでしょう。

イデアと開発力と技術力もあるのに売り込みが下手くそな父。

友達のお父さんとはひと味もふた味も違う父でした。

どちらかといえば喧嘩っ早く、すぐにカーッとなる方で、勉強をしなかったりイタズラやゲームばかりをする僕は、「父=げんこつ」のイメージが未だに離れません。

その反動からか僕は喧嘩とか、暴力は嫌いで、権力や権力者には少し違った目線で見てしまう所があります。

そんな僕ですが、歳を重ねるごとに父に似てきた事を自覚しています。

どうでもいい所が似るもんです。似たくない場所も。

イビキだったり、くしゃみの仕方だったり、声だったり、薄い髪の毛だったり・・・。

僕と違って身長が高く、水泳が得意な父。

僕は身長が低く、泳ぎが苦手で陸上部でした。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

ブログ全体の最新記事8件