NO IMAGE

仮植は終了!風と温度とズラシ床

今朝は外気温が氷点下5度くらいから始まり雪もしっかりと積もっていました。

風が物凄く強く、ハウスの中にいるとぴゅーぴゅーと隙間風がハウスの中に入ってきて、一向に温まる気配がありません。

ですので、隙間対策をしました。

JAからいただいたハウスでしたが、基本的な構造が隙間があるようだったので、応急処置的な感じでビニール補修用のテープを隙間に張りました。これでOK!ビニール張替えの時まで持ってくれればいいですが、どうでしょう。

↑扉の上にしっかりとした隙間が、こりゃー温まらないわけだ。風が強いと結構な風が入ってきます。

これで、OK。粘着力もあるから、丈夫ですね!

 

徐々に温度も上昇してきて、風が吹き、ビニールがバフバフすると、屋根に積もった雪が少しずつ溶けたり落ちたりして、光が差し込み、見る見るうちに温度が上昇です。

外というのは、ハウスの中の温度

土というのは、トンネルの中にある土の温度

中というのは、トンネルの中の温度です。

色々試したところ、トンネルの中の最高最低温度がわかるようにしました。

しかし、トンネルを空けるには温度が低かったので、しばらくは、苗が大きくなった時のためのズラシ床を作るために、地面を平らにしていました。

ちょっとした運動ですが、面積も広いと汗だくになります。

その後、苗の仮植の続きをやりました。

斜めにくぼみを入れて植え付けると、隣に邪魔にならないで出来ることがわかりました。

仮植がすべて終わり、次はズラシ床を作りました。

今のトンネルの4倍の面積が必要になりますので、奥までのトンネルを2つ追加します。

下に敷いているのは、養生シートのみです。

20cm間隔で置いていくようにラインとマーキングをして、まっすぐに苗を並べられるようにします。

大体、2週間後にズラシがあると思うので、すぐにできるように、ダンポールでトンネルをかけられるようにします。

今日の作業はそんな感じでした。

今日中にズラシ床を作ってしまいたかったのですが、さすがに無理でした。

というのも、今日は地域の権現舞の練習があったため、5時30分で仕事を終了しました。

権現舞の下舞を練習中ですが、少しずつわかってきたので、5月5日にある米里のお祭りに参加する予定です。

見に来れる方は、どうぞいらしてください。

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

ブログ全体の最新記事8件