今日は待ちに待ったトマトの定植です。
余談ですが、トマトの定植ってトマト定食みたいですね〜。
今まできゅうりが主体だった気がしますが、トマトが定植されるといよいよ研修が本番になってきた感じがして気合いが入ります。

今日は、同じ時期に研修を始めたK君も私たちが研修を行っている所に来て、トマトの定植を体験することになりました。

それで、農業普及センターから普及員の岩渕さんも来たので、一緒に定植をしました。
従業員の方が2名と、私達夫婦2名と、K君と岩渕さんの2名とで合計6名体制でトマトの定植をやりました。

トマトの植え方は?


斜めに倒して植えていきます。この時に花芽が手前に来る様にして植えるのがポイントです!

でも実際は、逆向きに曲って伸びているのもあったりして、結構大変です。

そういう場合はどうするのかというと、出来るだけ花芽を前に、どうしても出来ないものは無理にやろうとせず、曲がりの様に植えるしかありません。
また、斜めの向きも同じ列で合わせて、反対側の列は逆向きにする様にしました。

画像を見ていただけると解りやすいと思います。
そんなこんなで、開始3・4時間後には終わりました。
農業普及センターの岩渕さんは、慣れない姿勢での作業で体が痛いと言っていましたが、僕はそれほどでもありませんでした。

ということは、僕の体が、少しずつ農業に対応してきたことを意味します。嬉しいことです。
そうして、ビニールを掛ける為のアーチを作っている所でお昼になりました。
午後もK君と一緒に作業ということで、他の研修生の話も聞けていい時間になると思います。