NO IMAGE

羞恥心と好奇心

やりたいことをやる。

やりたいことだけやって生きていく。

それは夢のようなこと。

夢のようなことは、休暇とか正月とか、ゴールデンウィークとかにだけと、誰が決めたのか。

大人か?社会か?誰が決めた?

少なくても僕は決めていない。

そして認めていない。

やりたいことをあきらめた時、常識人となるのか、人から信用される何者かになるのか、それはわからない。

僕は、まだまだ立派な人ではないだろう。

立派ではないから羞恥心もある。

これから立派になるかもわからない。

立派になるためにも生きてはいない。

だから立派になる必要もない。

僕は、家族の為に、家族と共に生きたい。

家族がピンチの時は何が起きても助けることができるスーパーマンになる。

それが、僕の使命だと思っている。

そのためには仕事の努力も必要。

人と比べるからややこしい。

100mを走る勝負をしているわけではない。

細かく言えば100mを走るのだって、人それぞれ違ったりする。

よーいドン!で真逆に走ったりする。

それも面白い。

人生、一寸先に何があるかわからない。

闇なのか、光なのか。

一寸先が闇であるならば、2寸先の光を目指すことが正しいのか?

もし、一寸先が闇であるならば、懐中電灯を持って進んでいく、朝まで待つ、ナイトスコープを買う選択肢もある。

方法は、いくらでもある。

だから、固定概念ほど怖いものはない。

大人と子供の違いはそこにあると僕は思う。

どうせだめならやってみよう。

それは、ピンチをチャンスに変える魔法の言葉。

どうせだめならやってみよう。

ピンチだからこそチャレンジできる事もある。

人間、追い詰められた時こそ何かが閃いたりする。

そのギリギリに挑戦できるのは、無知な今年ぐらいだろう。

だから、今年は僕にとっての大いなるチャンス!

守る事をしないで、攻めるチャンス!

まだまだ、やりたいことが山ほどある。

どうか、僕の好奇心よ永遠に。

直売所の様子

今年のオープンは7/1を予定しております。どうぞよろしくお願いいたします。

画像テスト中
05/08 11:21
現在


NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

ブログ全体の最新記事8件