NO IMAGE

雄次郎さんのお父さん、お母さん

雄次郎さんは、研修制度の一期生であり、同じ道を通って農家になったので、僕たちには紛れもなく「先輩」と言える存在だと思います。

そう言うと、その他の農家の方々が先輩ではないのか?ということになってしまいますが、そう言うわけではありません。

ただ、同じ研修制度にて農家になったので、非常に親近感がわきます。そして、雄次郎さんの人柄も非常に親近感が沸くので、僕たちにとっては先輩と呼べる存在なんだと思います。

これから私たちの枠が広がっていくことによって、それぞれの農家さんたちを先輩と呼べる日が来るのでしょうけれども、まだまだ僕たちには先の話だと思います。

そういった農家さんの一人に雄次郎さんのお父さんとお母さんがいます。

そもそもの出会いのきっかけを作ってくださったのが、奥州農業改良普及センターの野菜担当「岩渕さん」です。

岩渕さんは、僕たちが農業を目指すにあたり、迷っていたり悩んでいる時に、まるで太陽のように接してくださり、とても勇気付けられましたし、迷いも吹き飛んでしまったり、とても不思議で気持ちのいい性格の人です。

岩渕さんのことは、まだまだ書き足りないので後で個別に記事を書きたいと思います。
書いた記事は、こちらです。

そんな岩渕さんが仲介に入り、吉田雄次郎さんと、お父さんとお母さんの畑をお手伝いに行くことができましたが、仲介人が良いおかげもあって、初対面でもニコニコと楽しくお話ができました。もちろん雄次郎さんをはじめ、お父さんとお母さんの人柄の良さもあってこそだと思います。

雄次郎さんのところでトマトを半日、お手伝いをさせていただきましたが、もう半日は米里に住んでいらっしゃるトマトの師匠「高橋光朗さん」のところにお邪魔させていただきました。

その後、一週間くらいですが雄次郎さんのお父さんとお母さんが営む露地きゅうりの葉摘をやらせていただきました。

作業自体はとてつもなく大変なわけではありませんが、量が多く、それが大変でした。

でも、露地きゅうりを間近で見たことがなく、まっすぐに続くきゅうりのトンネルはとても幻想的で見ていても飽きませんでした。

作業内容は、葉摘ということですが、具体的には病気になった葉っぱや枯れた葉っぱを取るという単純明快な内容です。

素人の僕たちにもできる仕事ですが、本当に量が多くて、完璧にこなすと、どんなに急いでやっても二週間くらいはかかってしまう計算だったと思います。

僕たちは、紅果園の休みを利用して農家のお手伝いをさせていただいているので、やっても一週間が限度でした。

本来は3日くらいしか休みがなかったのですが、紅果園さんにお願いして、こちらの作業が終わるまで、休みを延長してほしいことを告げると、快く了解していただけました。

もともと、紅果園のひろ子さんは、oi lineさんのことを紹介してくれたり、農業を目指す僕たちの為に、とても親切にしてくれていましたし、休みに入る前に「いい話があれば、紅果園のことはいいから、自分たちがやりたいところで色々とやった方がいいから、そっちを優先して構わないから。」とおっしゃっていたので、本当に僕たちは幸せ者でした。

皆さんの好意に甘えても、仕事に甘えることはできません。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

ブログ全体の最新記事8件