NO IMAGE

トマトの定植実験 – 深く植えたらどうなるか?①

実験です。

余ったトマトの苗を家庭用ハウス内に植えようと思いますが、ただ普通に植えてもつまらないので、ちょっと変わった植え方をしました。

それは、

①深く植える

②かなり深く植える

の二つです。

どちらの苗も下の葉っぱを数枚取り、15cmくらいは茎が露出している状態で、それぞれの深さに植えます。

トマトは元々茎から根が生えてくるので、横に倒して植えたり、接木苗で、深く根が生えるな根を台木にする事で、夏場の萎れを防ぐわけですが、単純に深く植えればどうなるかという疑問がありました。

病気の発生リスクや、実験自体が無意味かもしれないので、家庭用ハウスでの実験になります。

品種は「ひなた」自根苗です。

さて、どうなるか。乞うご期待です!

あくまでも実験なので、本業の方が優先になるので、途中で断念する事も、枯らしてしまう事もあると思います。

その際は、ご報告させていただきます。

ちなみに今回の実験は、それぞれ1本ずつのスペースしかなかったので、ほとんどお遊びです。

もしかしたら路地にもやってみるかもしれません。

結果の前に途中経過もお楽しみに!

サービスショットです。

我が家の三男坊「クル」の毎朝の仕事の様子です。

僕と妻が、トマトにかけるトンネルを剥がす時について来て、端から端まで走っている様子です。

これをしないと、一日中機嫌が悪いのです。

機嫌と体調も直結しているので、朝の運動としてハウスに連れてきています。

他の二匹とは違って、毛も抜けないし、マーキングもしないので連れて来れるのですが…。

他の二匹はお留守番です(汗)

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

ブログ全体の最新記事8件