お風呂の排水が詰まる。

先日、我が家ではあるトラブルが発生しました。

それは、浴室の水が流れないという、小さいようで大きなトラブルです。

水が完全に流れないわけではなく、チョロチョロとは流れますし、流れ始めればどんどんと流れが強くなる状況なので、それほどの事ではない気がしました。

以前にも同じような事がありましたが、その時は重曹とクエン酸水で簡易的にクリーニングして流れましたが、今回は効き目がありませんでした。

本来は排水溝の水を抜いてからやるみたいなので、やり方も悪かったと思いますが。

そもそも我が家の排水は下水や浄化槽ではなく、排水として家の横を通る土を掘った溝からドブまで続いている状況です。

家の下には畑があり、できる事であれば界面活性剤など、人体に影響を及ぼす可能性がある物は出来るだけ使用したくない為、市販のパイプクリーナー液は使いたくありません。

なので、重曹とクエン酸水のように間接的に詰まりの原因を除去できなければ、直接的に詰まりを取るしかありません。

リフォームした時に、風呂の土台をコンクリートで作りましたが、お風呂の組み立てや配管は業者じゃないとできなかったので、僕はノータッチでした。

なので、そもそもそも配管の構造が頭に入っていません。

新調していたヘッドライトを装着し、床下に潜り込みました。それが22時頃。

風呂の下のコンクリートは少し高くなっているので、配管までギリギリ手が届くくらいまでしか入れませんが、

カーブの所が透明の塩ビでつながっているので、汚れが溜まっている様子が見れます。

パイプはお風呂の排水口からほぼ平行に出ており、パイプの3分の1ぐらいは水がある状況でした。

絵が下手でがこういう感じです。

水が溜まっているところは石鹸カスのような汚れがあり、奥の行くほど汚れが強くなっています。

この汚れがどこかで悪さをしているのが想像できます。

今度は外に行って、排水はが流れてくる排水マス?を点検しましたが、数カ所ある排水マスがどこの排水かを確認する為、子供を起こしてキッチンから順に水を流してもらう事にしました。

調べてみると、お風呂は独立した排水パイプで流れて来る事がわかり、お風呂単体のトラブルだという事が分かりました。

いざ尋常に勝負!という事で、農業で使えそうな物を引っ張り出して来ます。これが24時。

まずは耐圧ホース。

細くて硬いので、グリグリやればパイプの屈折した部分にも入っていくか?

と思いきや、一回は曲がったもののその奥にはいけません。

固く唇を噛み、次の手に。

お次はプラスチック製?の番線、エスター線と呼ばれる物です。

これは凄く細いですが、それなりに硬さもあるので、もしかしたら奥まで行けるかな?と試してみました。

すると、グイグイ入る、おーグイグイ入る。でも途中で、なんかおかしいぞ?

苦しくなって来た!

何かが変なので、もう一度下に潜って、ちゃんと入ってるかを確認すると、1回目の曲がり角にぶつかってからは先に進んでいませんでした。

エスター線を引っ張ってみると、パイプの曲がりに到達する前の部分で狭いスペースで行ったり来たりしている感じでした。

やっていて何かに似てると思いましたが、それは医療で使うカテーテルです。

もちろんやった事はありませんが、お風呂の配管で苦戦している僕は医者にはなれないなぁーと少し落ち込んだのと、医者じゃなくて良かったと少し嬉しくなりました。

合わせてプラマイゼロです。

その次の手を考えましたが、できればそれは避けたい手です。

その禁じ手は、トイレが詰まった時に使うズポズポするやつです。

簡易水洗トイレに慣れていない時はよくつまらせていたので、久々の登場です。

まさかここで登場するとは僕もそいつも思っていなかったと思います。

いざ尋常に勝負という事で、ズポズポ、ズポズポ、ズポズポ、ズポズポ。

夜中にお風呂でトイレのアレでズポズポです。

そんな努力も無駄だったようで、水は流れてくれません。

THE END…

という事で、トイレのズポズポで汚れてしまったお風呂をきれいに掃除をして、僕も簡易的にお風呂に入り就寝しました。

朝になり、妻に状態を報告して、専用の道具をホームセンターに買いに行くことにしました。もちろん妻に何かあったらまずいので一緒に行くことにしました。

3000円程度で10メートルのスプリングワイヤー式のパイプクリーナーが売っていたのでそれを買い、途中にココスでご飯を食べて、帰宅し、いざ尋常に勝負です!

気分はクラシアンの人というよりはカテーテル医師です。

中の構造も大体はわかって来たので、パイプクリーナーをどんどんと入れていき、角度を変えたり回したり、時には引っこ抜いて、試行錯誤をして、時々水を流してみると、1回目よりも2回目、回数を重ねるごとにどんどんと流れが良くなっていきます。

パイプのカーブも4箇所以上は曲がれましたが、それ以上はどうしてもいけなかったのですが、繰り返していくとある程度スムーズに入っていきますし、水の流れは文句無しにいい感じです!

ふー。と一仕事を終えてから、汚れてしまった浴室を洗う僕は、また一つスキルアップした事に満足していました。

これでもう、配管のつまりは怖くありません!

かかってこいやー!たまーに。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!