鬱かもしれない!?

僕の住んでいる岩手県奥州市江刺米里にも雪が積もりました。

結構な量が降りましたが、僕の住んでいる所は標高が160m位なので平地よりも気温が低く雪が解けにくい感じです。

トマトは片づけも終わり、来シーズンの準備をしているわけですが、

今シーズンの反省をすると、自分の甘さを痛感しました。

また、自分の弱さも見つめなおすいい機会にもなりましたが、僕はメンタルが弱いことがわかりました。

ブログで書く事ではないかもしれませんが、出来るだけオープンに書いていきたいと思うので僕の事はドンドンと書いていきます。

思うように作業が出来なかったり、焦る気持ち、もっと頑張らなければと自分の心にムチを打つ時もありました。

そういう風に自分を奮い立たせて動いていました。

自分で自分にプレッシャーをかけ、自分をキープしながらの作業でした。

トマトの中盤から後半にかけてが特に忙しく、妻の入院が重なったこともあり、自分にムチを打つダメージも限界に達していたのだと思います。

子供には迷惑と言うか可哀そうな思いをさせたくなかったので、地域の盆踊りなどのイベントには忙しいながらも出来るだけ参加して、母親に会えない辛さを紛らわせたかったのでしたが、どこかそれでも子供は寂しいもので、男親の力の無さを痛感しました。

トマト作業はそれなりには出来ていたと思いましたが、もう少しの所で追いつけず、徐々に体力も気力も尽きました。

病院も何も行っていませんが、きっと「鬱」のようなものだったと思います。

そんな時、妻の状態も安定してきて自宅に帰ってきましたが、これがいいきっかけになりました。

妻とはこういった心情的な話を出来る間柄で、僕も妻がパニック障害になってしまった時は、よく話をしましたし、そういう話や物事の考え方や、出来事の法則など、色々な視点から学びを得たり、話をしながら学ぶことを日常的に行っていた為、退院する前からも僕の心境をすべて話をしていました。

しかし、妻が家にいるのと居ないのとでは僕の気持ちにも大きく違いがあり、かなり気持ちが休まりました。

色々と話をした結果は、僕は鬱っぽかったのかもしれないのと、もしかしたら発達障害的な心の偏りを持っているかもしれないという事がわかりました。

簡単に言えば、発達障害の人は得意な事や不得意な事がはっきりしていたり、普通の人が出来ることが出来なくて、普通の人が出来ない事が出来るという特徴があります。

僕の場合はそこまで大きい得意不得意があるわけではないと思いますが、発達障害の特徴として当てはまる箇所は非常に多く感じました。

発達障害の人は、やりたいこと、やらなければならない事のバランスが大事で、やりたいことを我慢できなかったり、我慢しすぎるとバランスが崩れて何もできなくなってしまうようです。

鬱のテストもしましたが、やはりこれもほとんどの項目が当てはまる状況だった事が判明し、かなりヤバかった状態だったことが明らかになると、なぜだか少し気持ちが楽になりました。

何もできない時があり、少し何か出来る時は家の中や小屋を掃除したり、動けないときは本を読んで勉強をして、無駄な時間はなかったと思います。

この間もブログの更新が頭の片隅にありましたが、キーボードに手を載せることはありませんでした。

ブログ自体がプレッシャーになった事はありませんでしたが、ネタがあっても書けない日々が続き、今に至っています。

今回、やっとまともな記事を書けたのは今の状況が良くなってきたこと、前向きでもあるし、妻の調子もいいこともあります。

雪が積もっているのは、結構な痛手ではあります。

というのも、来年度の為にハウスを建てなければいけないので、その作業が遅れているためです。

モチベーションが上がれば、雪が降ろうが槍が降ろうが、なんだってやり遂げれると思います。

昨日は、久々にリフォームの時の写真を見ました。

床がぬけそうな畳の間を全て床を作り直し、今はそこはフローリングになりました。

古いお風呂も解体し、穴を掘って水道を通せるようにし、その上から手でこねたコンクリートを流し、今は立派なユニットバスで足を延ばして暖かい風呂に入っています。

トイレも、ぼっとん便所から水洗トイレにしましたし、キッチンも新品の対面のシステムキッチンで家族の顔を見ながら料理や洗い物が出来るのは、この時に頑張ったおかげです。

カウンターも作ったり、ドアの枠も手作りしたり、結構な挑戦でしたが何とかクリアしてきました。

今、ここに生きている事は昨日までの自分や家族やブログの読者様はもちろん、地域の方々など色々な方のおかげだと思います。

僕は深い鬱ではありませんでしたが、それに似た状況ではあったものの、新しい命を迎えることには非常に前向きで、僕自身が生きるのが嫌だとか、そういう事は考えていませんので、それだけは誤解のないようにお願いします。

今でも希望には満ち溢れています。

師走になり、来年の事もより具体的になってきました。

鬼が笑っている声が聞こえそうですが、僕は鬼よりも大きな声で笑って、来年を迎えようと思っています。

調子が悪いのではなく、色々と忙しい日々が続いて、ブログの更新にかかる時間がとれない事もあると思います。

今は、無理をせず自分のペースで一歩一歩と踏み出して、雪に足跡をつけながら、僕の人生にも足跡を残そうと思います。

最新情報をチェックしよう!