原動力は家庭にあり。成功と失敗

原動力は家庭にあります。

どんなに仕事をバリバリしている人も家があって、結婚している人には家庭があります。

ごく稀に例外もありますが、コンパスで円を描く時、中心としての存在がホームだと思います。

僕にとっても家や家庭は例外ではなく、心の支えだったりパワーの根源だったりしますが、妻が入院してしまった今、家族の絆は強くなるものの家と家庭の機能というのが著しく低迷してしまいます。

しかしながら妻が妊娠12週で破水し、緊急入院してからは、一時退院した後も妻には絶対安静を徹底し、トイレとシャワー以外はベッドの上という、ある意味でかわいそうな生活をさせていました。

家庭の事はどうしても僕がやらないといけない状況になり、かなり雑になっていました。

洗濯は乾燥まで自動でしたが、干す手間がありませんでしたが、洗濯物は簡単な分類しかせず、たたむ余裕がありませんでした。

3匹の犬を室内で飼っているとどうしても犬の毛やおもちゃなどが乱雑になってしまいがちでしたが、たまにリセットして掃除もできていたので犬の事はまだ大丈夫な感じでした。

寒くなりコタツを出すためにリビングのレイアウトも変えたり、犬スペース(ダイニング)とコタツスペースを区切る柵を設置しているので、簡単な掃除は楽だったのですが、リラックス出来る空間としては機能していない事に気が付きました!

部屋の掃除としても、所々が乱雑になっていたり、気がつけばいつも掃除をしているような気がしていました。でも実際は、いつも掃除のことを気にしていたり、仕事の事もあるのに家の掃除の事を考えてしまっているのは機能していないのでしょう。

僕にとっては綺麗な部屋ではありませんでしたが、それなりに居ることが出来る部屋という感じで、言わば男の部屋っていう感じでした。

それが、一人だといいのですが、子供と一緒に生活をしていると、3倍くらいのスピードでゴチャゴチャしていくので、これではマズいとさらなるレイアウト変更をしました。

犬スペース(ダイニング)とコタツスペースを逆にして、ダイニングにあるテーブルと、コタツを同時に置くと、空間を圧迫してしまうのでダイニングテーブルを片付けて、椅子はキッチンに対面して作ったカウンターに使用できるようにしました。

f:id:name-h:20191020134412j:image
f:id:name-h:20191020134403j:image
f:id:name-h:20191020134421j:image
f:id:name-h:20191020134354j:image

空間の中にゴチャッとしている部分が見えると、どこか汚してもいいような気になってしまいがちだと思いますが、その根元がカウンターテーブルの上のランドセルや、特に僕宛に送られて来た書類などが置いてあると、どんどん積み重なっていて、何にも機能しなくなるカウンターが完成します。

そういう物も一掃し、使う事で物を上に置かないように、また簡単に掃除ができるようにしました。

これで僕のコンパスの中心は完成しました。

これからはどんどん軸を拠点に活動できそうです。

ですが、妻が退院してから病院が近い僕の実家に一家総出でいそうろうする事になっているので、また違う状況になるわけですが、今までの経験も無駄になるわけではないですし、帰宅前の片付けが楽にもなるので、今回のレイアウト変更は後に凄い意味がある物になったと思います。

今年のトマト栽培もトマトのプロの方々からすれば失敗なのかもしれませんが、失敗という裏側から見れる景色は、そうは見れないと思うので、非常に価値がある失敗でした。

特に人間関係だったり、人の考えや様子も表面ではなく見える部分が良くも悪くも視野が広がったので、とてもいい経験になりました。

もちろん僕自身はトマトの栽培を続けていきますし、今年のトマトは失敗だとは思っていません。

トマトの収穫量ではなく、経験を含めトータル的な収穫は、反収20トン獲るよりも多かった一年だったと思いますので、僕は大満足です!

ブログも収穫の一つですし、これからも続けて行こうと思いますのでよろしくお願いします。

最新情報をチェックしよう!