さて、今日のテーマはフリーでやってみたいと思います。

思い付いた事をただ書いていきます。

毎日更新をしているブログですが、作業をしながら「今日の記事はどんなのにしようか?」と考えながら作業をしているのですが、ふと記事の内容が降ってくる時もあります。

でも、そんな時に限ってメモも何もできない状況で、消えてしまった面白いネタは数知れず…。

僕の記憶力の無さはケタ違いです。

でも妻の記憶力はケタ違いですので、2人でちょうど良かったりして。

夫婦というのは面白いもので、長所を強化し合う夫婦と、短所をカバーし合う夫婦があると思います。

価値観は似ているのに能力が違うもの同士が助け合って行きています。

出会いは偶然のようで、確実に必然で、全てが決まっていた事のように思う事も多々あります。

これからの人生は僕と妻と子供とそれぞれの視点で見えるものが違うと思いますが、それが3角形であり4角形であり、その分だけ人生が広がっていくのだろうと思います。

たまに思う事が、人生を選んで生まれてきたと考えるならば、僕は普通の人生ではなくて少し困難だったり、何か特別な事を達成する人生を選ぶはず。

もし仮に、遠い未来の僕が凄い偉人?か何かを達成した人になっていたと想像すると、今の僕は下積み時代という事でしょうが、そんな凄い未来に向かえる道は偶然と偶然が重なり合って生まれた道で、その時しか通れなかったり、戻ることは不可能だったり、今が大事なんだと思います。

一歩一歩が大事なんだと思います。

もし未来の僕が自分の足跡を振り返った時、この時にこの人と偶然合わなければとか、この時に気がつく事ができたからとか、その時での決断や偶然が自分が進める唯一の道だったりして。

ふと振り返った時に、自分の足跡だけが残って、それ以外は歩くことすら出来ない所で、そこを通ってきたから生きていられる様なそんな事も想像するとおっかなくなります。

その逆に、この先の一歩が崩れてしまう場所への一歩ではないだろうかと考えるとゾッとしたりしますが、そう考えると、自分は生きているとも、生かされているとも思う時があります。

少し謎めいた話になりましたが、僕の頭の中の10パーセントくらいはこういう事を考えています。

残りは…、どうすれば楽ができるかが10パーセント、世界平和が5パーセント、お金欲しいなが20パーセント、家族のことが50パーセント、残りが野望です。イヒヒ。

大した野望ではないですが、死ぬ前に何かを成し遂げたいと思っています。

世のため、人のため、自分が生きた証を、言葉でも、物でも、記憶でも記録でも、なんでも構いませんが、何か1つだけは残したいと思っています。

それが何なのかは僕にもわかりませんが、きっと後で気がつくのだと思います。

あの時、トマト農家のブログを書いていて良かったと。

そんな大事なブログの1歩をよくわからない記事を書いて、大したオチもなく終わることをお許しください。

明日も僕は歩き続けます。