今朝は右手の薬指がバネ手になってきたので、少しスロースタートしました。

バネ手というかバネ指というか、僕の手は疲労が蓄積されると指の第2関節が曲がらなくなります。

今日は薬指が曲がりませんでした。

原因というか発端は、リフォームの時に無理をしすぎたことだと思います。

バールで床下の木をボクボクと叩いて折っていたのですが、その衝撃が自分の手にもダメージを与えていた事に気がつきませんでした。

気がついた頃には指がバネ指になっていて、後悔しましたが、どうしようもないですね。

最悪の状態の時は両手の中指と薬指が、バネ指になってしまいますが、これは特に寒い時に起きやすい気がします。

一度なってしまうとしばらく続くので、症状が治まるまで大変です。

朝には全然動きません。

昼には動きます。

朝に動かす一回目が物凄く痛い。

手をパーにできないので、ジャンケンはできません。

手を開く力だけでは治らないので、もう片方の手でゆっくりと開かせるのですが、これが痛い。

もし、いきなり固まってしまった指を強引に開かれるのであれば、金玉を蹴られるのと同等の痛みだと思います。

どちらも無い方のために例をもう一つ。

うーん、目ん玉に思いっきりデコピン?

体が硬いのに、思いっきり開脚される?

砂利の上を裸足でダッシュ!!

うー痛そう〜。

まぁ、そんな感じです。

今日はそこまで痛くはありませんでしたが、疲れが蓄積してきたのは間違いありません。

少し気をつけないと、早起きしても手が使えないと意味がないので、疲労の回復に努めようと思います。

まずは風呂で揉んで、早く寝ようと思います。

それではまた明日!