ようやく我がハウスのトマトが数個だけですが赤くなって来ました!

品種は「ひなた」という品種で極早生なのが特徴です。

ひなたは1800本中に250本くらいしか植えていないので、実が何個か赤くなっても出荷できるくらいの数にはなりません。

メインの「りんか409」は桃太郎と同じメーカーのトマトで、聞き慣れないとは思いますが、スーパーでも「トマト」として売られているメジャーなトマトです。

ひなたの方がりんかよりも育ちが早いので、りんかが収穫された頃から本格的な収穫が開始されると思います。

まずは記念すべき最初の1個は、神様と仏壇と僕ら家族でいただきました。

味はまだ若く、甘みよりも酸味の方が強い感じでした。

でもしっかりとトマトでした。

収穫したばかりなのでフレッシュ!!っていう感じでした。

まだ熟すのは先ですが、一生懸命に背伸びをして赤くなったトマトは新規就農者のトマトっていう感じで、自分を食べているかのような変な感覚でした。

生涯忘れることのないであろう最初のトマトは、少し甘酸っぱい初々しさが溢れる味でした。

これからどんどんと熟して、酸味の角がとれて美味しくなった僕らのトマトを、皆さんのお口にお届けできる日が1日でも早く来る事を心より願っております。