今日は朝から地区のゴミ拾いから始まり、僕らの圃場は元々は田んぼなので、水利組合関係の側溝の掃除からの、地域の保健委員の各家々に訪問して、清掃点検をしてきました。ふー、大忙しですぅー。

これでも10:30くらいな感じで、圃場に戻ると苗がぐったりとしていました。

やば!!

昨日の時点でも水分が不足している苗があったのですが、応急処置をして今日の午前中を乗り切ろうと思っていましたが、予想よりもハウスの温度が高かったのか、結構なぐったり感です。

本来なら少しぐったりしてから水をあげたほうが根がいい感じに成長するのですが、流石にぐったりし過ぎな感じでした。

もう待ちくたびれたよー。というトマトの声に、ごめんごめんと言いながらトレーナーを脱ぐ暇もなく、汗だくになりながら、それぞれのトマト達に懺悔です。

もっと経験があったら、事前に対処できたろうに、ペーペーの僕はトマトに平謝りです。ほんとゴメン。

水を急いであげようにも、1つの苗に2・3秒はかかってしまうため、水をあげようとしている苗が役1200。

2400秒⁇ 40分!!

やばいじゃん、かけてるそばから、どんどんしおれてくるぅー!!

ということで本来はやってはいけない?禁断のシャワーです!

思い切ってシャワーです!!

だって、可愛そうだから。

だって、写真を撮る余裕もないくらいだったから。

だから、シャワーです。

全体にシャワーをして、僕は真っ赤なトレーナーを脱ぎ、白いTシャツで水をゴメンねの気持ちを込めて1つずつやりました。

僕の懺悔(ざんげ)の心が通じたのか、「しょうがないなぁー。もう少し付き合ってやるか」と言わんばかりの表情で、少しずつ頭を上げてくるトマトの苗様が、何とも愛くるしく思えてきました。

苗様。

トマト様。

トマト様様です。

これからはもっと優しく、けれども厳しく、きちんと育てようと、心に思う僕でした。

その後は、反省の気持ちからか、明渠堀を一気に終わらせ、トマト様がゆっくり休んでいただくベットを雨水で濡らすことなく、快適に過ごされるように、私なりの配慮を致しました。

今日は、本当に色々あった1日でしたが、色々と収穫の多い1日でした。