今日は、久々に農業大学で行われている新規就農者研修(基礎コース)に参加させていただきました。

久々と言っても、農大研修は1ヶ月に3日間連続で行われており、ほぼ規則的な間隔ですが、なぜか僕には久々なような気がしました。

それは、年が明けたからというのも関係があるかもしれませんが、やはり一番は引っ越しが関係していると思います。

前回の農大研修は、引っ越し前のセルフリフォームで大忙しでしたので生きた心地もしないほどの状況でした。

それから比べるとかなりリフォームも進んだので、気持ちにも余裕が出来てきたのだと思います。

本格的な始動とまでは言えませんが、ほぼ活動的な状態にまで達した状態は、今日明日の温かさからも来ているのかもしれません。

僕らの住む場所は、平地よりも1度2度気温が低く、天井もドアも出来ていない為、リビングは氷点下になってしまいます。

朝のキッチンはマイナス5度という時もありました。

それでも暖かい小さな部屋に家族3人と犬2匹で暮らしているのは、ある意味で貴重な体験です。

また、昨日までスリッパでしか歩けなかった空間にフローリングが貼られてノースリッパで歩ける幸せは、こういう体験からしか味わえない贅沢な体験なのかもしれません。

今は、物が当たり前にある世界ですが、コンビニまで30分の世界にいれば、見える景色も物の価値も何もかもが贅沢品です。

さすがに全くないのも、距離があり過ぎるのも厳しいですが、この微妙な距離が贅沢にも思えてきます。

僕は世界一の贅沢をしているのかもしれません。

皆さんも米里にどうですか?