今日は、いつものように師匠の下で作業をしていました。

朝は、トマトの収穫をして、トマトの管理作業をしてから出荷準備をします。

その後、休憩を挟んで、何らかの作業をするわけですが、今日は師匠に言われたことで気になることがありました。

それは・・・「軟化玉が多い・・・」という事でした。


僕らが管理しているトマトは、赤くなると軟化しやすい傾向があるという事です。

軟化玉は、トマトの生産者を困らせるものの一つで、結構ややこしいものだと思っております。

生育がよくなかったり、根量不足、活性低下が原因だったり、水のやりすぎやカルシウム不足でも発生するようです。


素人に毛が生えた様な僕らでは、対策などもってのほかで何かを変えるのに遠慮がちになってしまいます。

ただ、それが良くないのだと思います。積極的にトマトの管理に参加することによって、トマトの軟化の原因が何かわかるようになるかもしれませんし、トマトがいい方向に向かうかもしれません。

今度から収穫をする時には、軟化玉の傾向を観察し、発生場所に偏りはないか?あったとすれば水のやり方等の改善が必要という事ですし、無かったとすればカルシウム不足が起こっているのかもしれません。

何かしらの対策はあると思いますので、やれるだけやってみたいと思います。

ただ、個人的には柔らかいトマトの方が完熟っぽくて好きです。ここは本当に好みがわかれる所です。バナナは固いほうが好きですし、柿は中くらいが良かったり、色々です。

あ、でもトマトは固めで酸味が残っているのも好きです。

それが無いと、少し寂し気がします。

という事はトマトはオールOKですね。

皆さんはどうですか?