7月になり、初めての投稿です。

最近は、面接の準備やらなにやらで、ブログもおろそかになってしまいました。楽しみにしてくれている読者の方、ごめんなさいっっ。


そんな中で本日、終わったものがあります。

それは新規就農者研修(応用コース)の六次産業化講座です。


申し込んでみたものの、受講生が少なかったり、宿題の多さに戸惑いましたが、結果的に大満足しています。

というのも、受講生が少ないからこそ先生と、ほかの受講生さん方との距離が近く、仲間意識が高くなりました。


講師の熊谷先生、担当の中森先生、基礎コースでも一緒の千田さん、菅野農園から来ている千葉さん。

皆さんの意見を聞く機会があったから、僕たち夫婦は少し成長できたと思います。


その成長は実感としてあるもので、今後もどんどん大きくなる予感がします。

10年後、岩手を、江刺を、騒がせるほどの大物になっている可能性は低いですが、20年後に農業をしていたり、何らかの六次化をやっていたり。


色々な未来がありますが、そうなるための大事なパーツを今回の六次産業化講座で、出会いで、得ることができました。


今後もきっとどこかでお会いすることがあるでしょう。その時は、今よりも成長した僕たちであるとともに、皆さんはそれ以上にご活躍していらっしゃると思います。


明日は、「農業次世代人材投資事業(準備型)」の面接があります。熊谷先生にはとてもいいアドバイスをいただきました。明日は頑張れそうな気がします。ありがとうございます。

中森先生は、獣害対策でもお世話になりました。そして今後も色々な授業でお世話になります。とてもいい先生なので難しい内容でもリラックスして受けることができるので、格段に理解度が上がると思います。ほんとにラッキーです!!。ありがとうございます。

千田さんは、「ぼそっと」言う一言がエグイところに食い込むストレートだったり、あるいは魔球だったり、独自の世界観があり、驚きです。僕らにない世界を見せていただき、ありがとうございます。

千葉さんの言った言葉を僕はずっと頭に、心に刻んでいこうと思います。それは「農業を好きな人はたくさんいる。でも農業に好かれる人は少ない。」

深いです。こういう深い話をできたことが本当に宝です。ぼくは、いつしか「農業に好かれる人」になりたいと思いました。

まずは、農業は農業でも「農業公社」に好かれるように、明日の面接を頑張りたいと思います。


皆さん、本当にありがとうございましたぁ!

また逢う日まで~♪