ついに、農業次世代人材投資事業(準備型)書類作成がスタートしました。

そして、今さっき終了しました。

明日は、農業改良普及センターの「松浦さん」に書類を見せて確認してもらいます。

しかーし、必要書類の中でまだ揃っていないものがあります。

それは、保証人の紙です。


今回の農業次世代人材投資事業(準備型)を受給するにあたり、万が一、きちんと研修を行わなかったり、研修後に就農をしなかった場合などは、給付金を全額一括返金しないといけません。そういった場合、研修生では返金の能力面で不安があるために、1人につき2名の保証人を立てる必要があります。

僕らは、夫婦で就農なので4名の保証人が必要ということです。そのうち1人を同一人物にすることも可能で、実質3名の保証人が必要でした。


僕らには、現段階で保証人がいないというわけではありません。

きちんと3人分の保証人がいますし、添付が必要な「印鑑証明」も3人で4通分あります。


しかしです。先日、保証人になってくれる母とおじ2人に会いに行き、保証人に書いてもらう「誓約書」を持って行きました。

きちんと、僕の記入する場所、妻の記入する場所を書いて、ハンコを押して持って行きました。

しかーし、なんか変。

用紙がずれて印刷されている・・・。


田舎のおばあちゃんの家で集合だったのでプリンターもないし、家に帰るわけにもいかず、とりあえずズレて印刷されたものに署名とハンコを押してもらい、解散しました。

帰宅後に、再度印刷してみると、今度はきちんと印刷されて、書いてもらったものは、かなりズレて印刷されていたことがわかり、急遽レターパックで各おじ自宅に郵送です。それで今は、返信待ち状態です。

いや、僕が悪いんです。


原因は、Macにあります。

当初、僕のMacにはMicrosoftのOfficeが入っておらず、

せめてネットの「One Drive」からブラウザで表示したWordで印刷すればよかったものの、代わりにインストールしていた「LibreOffice 」で印刷してしまいました。

しかも、農大の授業でWordを使用することから、数日前にMicrosoftのOfficeを購入していたので、きちんと印刷しなおしていれば問題ありませんでした。


書類を作るソフトは、規格を統一してくださいよー。って言っても、変わらないのが世の中。


変わらないなら、僕が変えてみせる!!

今度から、ちゃんとMicrosoftのOfficeでやってみせる!!と硬く心に誓ったのでした。

書類のチェックも無事に済んだら、いよいよ面接かー。苦手なんだよなー。

まだ先のことだと、言い聞かせて、今日はゆっくりと寝ることにします。お休みなさいませ。