今日は、久々に師匠の元で研修です。

本来は、師匠の畑で研修をする目的で研修生になったわけですが、最近では大学での勉強がメインになっていた気がします。

どちらも手を抜くことはできなのでしょうが、どうしても知識が無い僕らは、勉強に重点を置いていたのかもしれません。

と言っても経験もないので、どちらも平等に行うべきなのでしょうね。

ただし、大学での勉強をやっていると、自分に足りないものが見えてきます。

どんどん吸収して、少しずつ前進していけば、それなりの農業人になれるのかと思います。

まずは、他の皆さんに置いてかれないように、頑張りたいと思います!


超実践的な研修

僕らが大学に行こうか迷っていた時の話ですが、師匠が僕らのために「研修生用の大型ハウスで4アールくらトマトをやってみないか?」という話になりました。

僕としては、どんどんやりましょう!という感じだったので、やる方向になりました。

しかし、大学が忙しくなってしまい、畑での研修の数がどんどんと減ってしまいました。

そんな時に、注文していたトマトの苗が届きました。

僕も、早めに断ればよかったのかもしれませんが、どこかでやってみたいという気持ちもあったのため、言葉に出すことをちゅうちょしていました。

そして、今日は、セル苗をポットに移植しました。

数にして900本。

少ないようですが、超初心者の僕らには多いのかもしれません。

まして、時間が無いので、大変です。

しかーし!

一度やると決めたことは、やり通すのが男!!

大学で忙しくとも朝は早くから作業ができます。

それが農家です。


僕らは、植物を責任持って育てる職業を選んだ以上、逃げる選択肢はありません。

ですが、その前に機動力を確保しないといけません。

それは、軽トラック!!

本来なら就農準備段階で取得したかったのですが、軽トラックを早めに買う必要が出てきました。

そして、問題は妻がオートマ限定ということです。

今現在の予定としては、激安の軽トラを購入し、就農して数年間はそれに乗り、軌道に乗った時にハイゼーーーット!!の新車でも買おうか、それとも農業女子っぽくピンクとか買おうか、と思っています。

ここで、疑問です。ハイゼットはなぜHIJETと書いてハイゼットって読むんですかねぇ〜?誰かご存知ありませんか?知っていたら教えてください。

と、どうでもいいことに疑問を持ってしまう僕でした。