今日は、母の日が近いので北上に住む母のところに花を渡しに行ってきました。

途中、江釣子に住んでいるおばあちゃんの所にもよって来ましたが、その時に玄米をいただきました。

実は、先日に玄米を食べてみたくてスーパーで2Kgばかり買って来ましたが、今日の夕飯の時にタイマーをセットして食べれるようにして来ました。

なぜ玄米なのか?

それは、健康にいいからです。

一般的に言われていることは、白米から玄米に変えることでダイエット効果が期待できるというようですが、実際のところはあまり意味がないようです。

ただ、食感が違うので、しっかりと噛んで食べるようにすれば、少量で満足するかもしれませんね。

基本的に期待できることは、以下のようなことです。

・便秘解消
・アンチエイジング
・ガン予防、ガン治療
・デトックス効果

このページでは、詳しいことは割愛させていただきますが、詳しい内容を知りたい方は、こちらからご覧ください。

また、メリットだけではなく、デメリットもあるみたいなので、興味のある方はご覧ください。

玄米を食べてみた。

初玄米です。

食感は、麦とご飯を混ぜて炊いた麦ご飯をさらに何か入れたみたいな感じです。

もともと給食に出てくる麦ご飯や、仙台の牛タンで食べる麦ご飯が大好きだったので、食感は全然気になりません。

むしろ僕は食べた気がして白米よりも好きなくらいです。

これをずーっと続けるのはどうかと思いますが、ずーっと食べ続けると、たまに食べる白米が美味く感じるか、不味く感じるか、それも試してみたいと思います。


※追記、この記事を書いた後にも色々と玄米のことを調べましたが、「残留農薬」やら「子供にはあまり食べさせない方がいい」などという情報が次々に見えて来ました。ネットで書かれていること全てが真実ではないにせよ、玄米のまま食べること、食べ続けることのメリットは、無農薬栽培のお米に限ると自分の中で判断しました。どうも、おさわがせしました。