今日は、悪魔の大王になりました。

ゲームの話ではありませんよ。

畑の話です。

トマトの話です。

摘果の話です。

それでは、始まり始まり〜

あるところにトマトの村があったそうな。

毎年、トマトがなり始めると、どこからとも無く悪魔の大王が現れて、トマトを1つ、また1つと採っていくのだった。
トマトの家族は怖くなり1番大きなお父さんトマトに助けを求めました。

「お父さん、お父さん!私たちを守って!」と子供達が言うと、「わかった!お父さんが大きくなって、守ってあげるから!」とお父さんトマトは大きくなり、子供のトマトを悪魔の大王に見つからない様に自分の後ろに隠しました。
ガラガラと、何やら怪しい音が辺りに響きます。

ガラガラ。

ガラガラ。

次第に大きくなってくるガラガラは、ついにお父さんトマトの前で止まりました。
ガラガラの正体は、悪魔の大王が乗っているローラーが付いた椅子でした。
トマトのお父さんは、殺気を感じ顔を青くしました。

それでも体を張って家族を守ります。

しかし、悪魔の大王は非道なやつです。

必死で家族を守っているお父さんトマトでは無く、弱そうな、小さな物ばかりを狙って奪っていきました。

それには流石のお父さんも激怒して、悪魔の大王に反撃をしました。

「これでもくらえ!」

お父さんトマトは悪魔の手にヤニを付けました。

しかし、お父さんの怒りはおさまらず、怒りが込み上げてきて、日に日に顔を赤くしましたとさ、これがトマトが赤くなる理由。

完全オリジナルなのでパクらないでくださいね(笑)

ちなみにトマトのヤニは、洗っても取れません。しかし、トマトの汁だと取れるのです。

これが、


こうなります。

どうぞお試しください。と言うか、農家の人には常識なのかもしれませんね。では、また〜。