順調に時を重ねて、徐々に自分達の目指す状態に近づいて来ています。

今日は師匠の所に研修に行ってきたのですが、もう管理作業はクライマックスです。

残念ながら画像はありませんが、Uターン後の摘芯も終え、葉っぱ切りもどんどん進み、長い茎が露わになっていて、カットしたプードルに似ていると思うのは僕だけかもしれません。

これまでもちゃんと管理されているトマト達だから、今もあんな風に優雅なプードルみたいになれるだろうし、師匠のトマトは気品すら感じられました。

来年は僕もプードルを目指してトマトの栽培を頑張ります。

そして、写真を撮ってブログに載せたいです。

先日、北海道で大地震がありました。

北海道もトマトの産地なので、トマト農家のライバルというか仲間が大変なことになって、とても心苦しいです。

自分には関係のないと思えば、それは楽な事ですが、実際は大きく関係のある事です。

僕の勝手なイメージですが、家の後ろには山があり、森があり、トマトをやっていて…ほとんど僕と一緒です。

もはや人ごとではありません。

僕には力もお金も何も無いので、被災者の方に何もできないのが悔しいです。

いつか困っている人の為に何かできる人になりたいです。

その為に、今はコツコツ、コツコツと努力と時を重ねて行きます。